HOME > akaブログ > 整体 > ご先祖様、ありがとね。

akaブログ

< 表現てさ、何に使うかなのよ。  |  一覧へ戻る  |  座る癖。 >

ご先祖様、ありがとね。

お盆真っ只中ですね。

私はもうお盆前に済ませちゃったので、肝心のご先祖様が帰って来られてる時には、不在です。

申し訳ない。。。自分を守ってくれるのは、自分とご先祖様だけだと常日頃から思っているので、、、あれ?やさぐれてますか?(笑)大丈夫よね?変じゃないよね?(笑)

なので、お盆は大事にしたいなーと思いますねぇ。

お墓を掃除して、お線香を立てると、不思議な落ち着きを感じます。

神様は喜怒哀楽、諸説あるでしょうけど、様々なお顔があります。

が、仏様は慈愛に満ちていますよね。

いつか、お寺の本堂で堂々と昼寝してみたいものです(笑)。気持ちいいやろうなぁ・・・。

確実に自律神経改善に効果的なはずです。うん、間違いないね。

ということは、お寺で整体受けれたら、さらに効果抜群よね(笑)。

本来お寺さんって、昔寺子屋とかがあったように、日本人の一番身近にあった存在だったはず。

どこかの心優しいお寺さんが手を上げてくれると嬉しいな。

寺


世間の方々のお盆休みって明日までの方が多いと思いますが、16日までの方もいるようです。

14日までの方も16日までの方も、お子様を預けられる環境のうちに、自分の体のメンテナンスをしてみてはいかがですか?

若干の空きがあるうちに、ご連絡くださいまし。


からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp


カテゴリ:

< 表現てさ、何に使うかなのよ。  |  一覧へ戻る  |  座る癖。 >

同じカテゴリの記事

左肩の逆襲。

こんにちは。

お盆は忙しかったですか?

それとも、ゆっくりできましたか?


最近、「肩のこりが酷くて・・・」な人が特に多いです。

今まで、腰の痛みをアピールしてた人も、この時期は肩に移行してます。

冷房の効いてる部屋であまり動かなければ、肩もこりますわな。。。

特に左肩の不調を訴える人が多いですね。


肩の凝りって、首の状態はもちろん、下肢の状態や自律神経に至るまで、いろんな原因はあるんですけど、その前に、、、


利き手で行っていることを、反対の手でやってみませんか?

運転とか、包丁とかの危ない作業、急ぎの作業は別にして。

利き手の肩関節から指先までは、かなり細かい筋肉が動いています。

ですが、その分、利き手でない方の肩から指先は、力は使うものの細かい動きをしてないので、サボってる部位が多いです。

動かさなければ、血行は悪くなって当たり前。

コリもあって当たり前ってなものです。

日本人は右利きの方が多いですが、左手左肩さんの立場からすると(笑)「だって、右ばっか贔屓してるじゃん!」と言いたくもなるでしょうね。


ま、慣れるまでは、妙な筋肉痛が起こるかもしれませんがね。それくらいはご愛嬌です。

あ、写真は左肩じゃなくて右肩の弱い人ですね、、、それもご愛嬌。。。

肩

からだ工房 MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp


座る癖。

こんにちは。

国民的アイドルグループの解散報道に心をかき乱されている方々、一先ず今は、この記事で紛らわせてください(笑)。

朝から数件、「大丈夫か?」の連絡をいただきましたが、、、わたくしは大丈夫です!

伊達に40年以上も生きてはおりません。枕を涙で濡らすのは、夜までとっておきます(笑)


さて、これを読んでいる方々の中で、椅子に座っている方も居られるかと思います。

で、

今、先入観無しに、足首をクロスしてみてください。

IMG_0562

絵が下手くそなのはご愛嬌ってことで、お許しを。



左右どちらの足首が前になってますか?



椅子の高さにもよりますが、前になってる方の足が右なら右を、左なら左を、椅子に引っ掛けて伸ばしてみましょう。

IMG_0561

ポイントは、カラダをゆっくり沈めるように落とすということ。早いとあまり効果的ではないです。

もう一つは、落とす時に口から息を吐きながらする、ということ。そうすると、変に腰を反ることはないです。

回数は、その方のカラダの状態にもよりますが、まあ、1日20回くらいで10日間くらい続けてみてください。

1日10回×2と、朝・夕で分けてもいいですね。

そのころにもう一度、足をクロスしてみると、以前とは感触が変わってるはずです。

普段、椅子生活じゃない方は分かりにくいとは思いますが、、、。

ま、やってみてくださいまし。


からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp



みるみる変わってく・・・

実家に帰った時に、たまたま印鑑のセールスの方々に出くわし、「酉年の方は来年から運気が下がっていきますよ」と軽くおどされ、内心「マジか!」と思いつつ最大限に冷静を装って「私は大丈夫です。お引き取り願えますか?」と言い返せた南です。


さて、そんな事とは全く関係無いですが、

当院にメンテナンスで通われている方々の中に、数名、ジムにあしげく通っておられる方々がいらっしゃいます。

また、ママさんバレーや卓球など、結構ハードに運動されている方々もいらっしゃいます。

そんな方々が最近ブームってるのが「運動前に整体を受ける」こと。


当たり前といえば当たり前なんですよ。運動前に施術を受けると、単純にものすごく動けますから。

普段、お仕事や家事をしている中で、動かせていない細かい筋肉があります。

フラットな状態を「0」とするならば、そうした作業で疲れている状態は「マイナス」です・

マイナスの状態を、運動前の自身のストレッチで「0」にするのは、ちょっと難しいです。

となると、運動によってマイナスからプラスにもっていくのに時間をかけてしまい、そこからの体の運動性の伸びは少なくなってしまいます。

それならば、整体メンテナンスによって「マイナス」から「0」もしくは「プラス」に体をもっていき、運動することにより、更なる高い水準の「プラス」へ体の成長を促せます。

言葉で書くと、なんだかややこしく聞こえそうですが、ものすごくシンプルなことですよね?


要は、体を鍛えたい!もっと伸びやかな体にしたい!ならば、トレーニングは不可欠。

ですが、その成果を最大限に引き出すには、カラダの下準備をしておく必要がありますね〜ということです。

そんな方々のお身体は、、、みるみる変わってくんです。それが確認出来た時は、極めて密かにガッツポーズしてます。


もちろん、運動した後のストレッチは、ゆっくり、これでもか!ってくらいまで、やってくれないとあきまへんよ。

終わってからのストレッチは省く人がめちゃめちゃ多いですから。よろしくお願いしますーーーー


IMG_7398


からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス

kiirochann2010@softbank.ne.jp



SUZUKA8耐

8月。もう8月なんですね、、、。

7月は、ネット環境とか変更で振り回され?てたら、ブログ更新が激減してしまいました。ちょっと反省。

(と言いつつ、あまり反省してないんですけども。)

で、前に告知した通り、7月30日と31日に、SUZUKA8時間耐久レースに参加してきました。

・・・参加?

バイク乗れるわけないし、、、レースクイーン?、、、私はいいんですけど、オファーはありませんでしたねぇ。。。ふふ。


フミユセラピストアカデミーの鈴木先輩からのご縁で、二日間、HONDA「ESCARGOT(エスカルゴ)」チームのメディカルサポートで参加させていただきました。要は、ライダーのメンテナンスです。

1時間交代で8時間走るライダーさんは、路面温度59度の中、暴れる1000CCのバイクを抑えながら走行します。その体力消耗は半端なく、独特の使い方をする体は故障が相次ぎます。なので、即効性のあるメンテが必要。

私にとっても、本当に勉強にあることばかりでした。三重県民ですから、サーキットは何回も行ってますが、こんなに緊張したサーキットは初めて。光栄この上ないです。


レース日程は、29日は予選。30日はトライアルや前夜祭、31日は決勝。

↓ 文字の上に見えてるのは、模様じゃないですよ、人です。

スタート1

↓ 決勝レース前に。

レース前の集合写真


↓ 帰ってきたライダーは、まずは体を冷やします。

ライダー用プール

↓ その後、中村先生と鈴木先輩と私で、こんな感じ。

ライダーを二人攻め

↓ ライダーといえば、仮面ライダー。

仮面ライダー

↓ 私です。、、、、ぷぷ。

お約束レースクイーン


結局、全68チーム中、エスカルゴチームは24位の完走。

あ〜良かった。他チームでは転倒続出で、終わるまで「こけませんように・・・」が一番の願いでした。

そして、ライダーさん達もそうですが、メカニックやヘルパーの方々の一致団結してのチームワークに、かなり感動した2日間でした。

また、整体的発見も多かった今回の参加は大きな経験になりましたし、もっと役に立ちたい!と思える、素晴らしいチームでした。


奈良の中村先生、静岡の鈴木先生、チーム「エスカルゴ」の皆さんには、大変お世話になりました。ありがとうございました。


からだ工房MINOAKA

完全予約制

予約専用アドレス→kiirochann2010@softbank.ne.jp



このページのトップへ